一個魔法師的傳說之第十卷 (身世之謎)



第十卷 (身世之謎)

就在我們閒聊的時候,師傅小小下來了,看著我們在聊,慢慢的走了過來~

小航:師傅,你起來了?休息好了嗎?現在身體狀態怎麼樣?還好嗎?

小小:我沒什麼大事,就是幫你治療,多用了些魔力~有些疲憊而已,休息休息就好了!我心在最擔心的是你妹妹,她都傷到命值, 具體傷到什麼程度也不知道!

欣欣:應該傷的不輕,她那時候已經一點魔力都沒了,命值應該也都換魔力給你治療了!最後都想用獻祭,應該也是走投無路加上憤怒才做出的決定吧!

小夏、小航:欣欣師傅,你起來了?怎麼樣,還好嗎?我沒什麼!就是多用了些魔力治療你和學習一下她(露露)的魔法-

小夏、小航:師傅,你們都沒事我安心了,露露,幫幫忙,給師傅們再治愈一下吧,你不想用大恢復,普通治愈就行,恢復一下,謝謝~

露露:沒什麼,主人,除了大恢復,什麼都可以~

小夏:太感謝了!

露露:主人,你說什麼呢!和我這麼客氣!這都是應該的,大恢復是我專門為你創造的,所以才不會給他人使用!

小小:瑤瑤昨天太辛苦了,不知道什麼時候才能徹徹底底的恢復!小航,你去看看她吧!小夏你也過去,瑤瑤看到你會特別開心,這對她有助於恢復!

小航、小夏:知道了~

樂樂、露露、晶晶:也跟著小夏一起,寸步不離開小夏:!到了瑤瑤所在的房間,聽見瑤瑤在屋裡呻吟的聲音,我和小航立刻開門沖了進去,進去後,發現瑤瑤躺在床上滿頭大汗,見到這種狀態下的瑤瑤,小航立刻去叫師傅她們來,瑤瑤滿頭大汗的小聲呻吟著“哥哥、哥哥、治愈、治愈”空中上散發著治療術發的綠色的光芒向下散落!

小小、欣欣:瑤瑤這是還沒有走出昨天的狀態,依然在心中依然想著哥哥依然在個魔物們戰鬥,所以才會一直喊著“哥哥”然後不斷的釋放治療術,這樣下去她的魔力早晚會消耗殆盡!跟本達不到休息就能恢復的效果!

聽到師傅們說的,我立刻抓住瑤瑤的手!

小夏:一切都過去了,你哥哥也平安無事~不緊張了,一切都過去了,你看看,我現在這不也主動抓住你的手了嘛,沒像你說的不好意思啊,還是在你師傅們面前呢,一起都過去了~回憶一下,樂樂把它們都除掉了,你都忘記了嘛~

小航:妹妹,哥哥就在你身邊,沒事的,別做噩夢了,全部都過去了!

小小、欣欣:看來她昨天真的的傷的不輕啊!要不然也不會這樣~

樂樂:看下旁邊,有人接近這裡嗎?她什麼時候開始這樣的?(沒有人接近,回來後她表現出來不讓讓她跟著有點失落,然後不情願的躺在床上,不一會就這樣了)

小小、欣欣:怎麼了?你在和誰說話?

樂樂:沒有理會師傅她們,直接對著露露說淨化一下看看~

露露:淨化!

隨著深的綠色的光消失,一個黑色的物體黏在瑤瑤的胸前!

小小、欣欣:看到胸前黑色物體,馬上使出,驅魔術、和淨化、祛毒術等等!但是對於那個黑色的黏在瑤瑤身上的物體毫無作用!用完後說道這個不會傷及到性命,但是以後入睡便會做類似的讓自己十分痛苦的夢,而且很可能像瑤瑤那樣施展法術來消耗魔力~我們….

小航:怎麼辦啊,師傅都這樣說,我妹妹怎麼辦啊!雖然不會傷及性命,但是她就一直痛苦的活在噩夢中了?怎麼辦啊!小航在瑤瑤的另一側也握著瑤瑤的手!眼含淚光,無助的看向師傅們!

就在這個時候!

樂樂、晶晶:她倆說道,果然如此,是噩夢詛咒!露露你看看主人的那緊張的樣子,看來主人很重視她,給她解了吧!

露露:看了看我,又看了一下又看了看瑤瑤,小航和師傅他們說道!既然樂樂你倆這麼說!噩夢解咒!

突然瑤瑤胸前出現了堆小小的類似螞蟻一樣的小魔物,他們一起鑽到了黑色黑色的下面,一起抬起了黑色的物體,像瑤瑤身體外走,慢慢的就一點點的走出了瑤瑤的身體,隨著一點點抬出了瑤瑤的身體後,小魔物們開始一點點的開始顏色變淡,黑色物體也是慢慢的變淡,最後徹底的消失了,瑤瑤也恢復了正常的表情,面帶微笑的睡著!小航不斷的感謝著(樂樂、露露晶晶)

樂樂、露露晶晶:不用謝我們,謝謝主人去,主人不重視她,我們才不管她!

小小、欣欣:你們用的什麼法術?從來沒聽過!第一次聽到!

小夏:謝謝你們,沒有你們我們只能看著她受折磨~

樂樂、露露、晶晶:你重視的,我們一定不會讓其受到傷害的,不過,主人,你這個失憶現在是我們最擔心的!這樣下去可不行,應該先找回你的記憶才是最優先需要考慮的!

小小、欣欣:一會可以讓我倆看看你倆的情況嗎?我想更知道一下你倆的詳細信息和小夏的身世,以及導致他失憶的原因~

樂樂、露露、晶晶:需要我們做什麼?

小小、欣欣:不用做什麼,讓我們用法術神傷鑒定、晶球鑒定就行~

樂樂、露露、晶晶:沒問題,只要對主人有益處就可以~

露露:看著瑤瑤,沉思了一下,瑤瑤身前閃出來強烈的綠色光芒,瑤瑤身上也出現了一個金色的保護罩!

小航:謝謝、謝謝的像露露表示感謝!

小夏:謝謝露露~

露露:主人,她一會就會起來,沒事了,和他哥哥一樣徹底恢復了~

小小、欣欣:看著露露的法術!很明顯的是是大恢復!這次大恢復都給小航和瑤瑤用過了師傅們徹底安心了。

露露:一會欣欣的大徒弟起來,只是消耗魔力多了些,我治療他一下就行了~這樣大家都平平安安沒事了~樂樂叫它們回去吧!

樂樂:好了,都先回去吧!說完漆黑的大門又出現了,很快就消失了!(立起來的大門等著大家都看不到的魔物都進去後就消失了)

一路:師傅,你們怎麼都在這裡?剛剛去客廳看了一下,誰也不在,聽到這邊的聲音,我就過來了~

瑤瑤:就在這時,昏昏沉沉的瑤瑤也起來了,看著圍著她的我們,迷迷糊糊的問道,怎麼了?大家怎麼都在這?哥哥,你哭什麼,我怎麼了嗎?

小航:沒有,看你平安開心嘛!

露露:主人看她的樣子應該沒問題了,放心吧!看著一路,釋放了一個治愈~這!回大家就都徹底平安無事了!放心吧~主人

小夏:你們能不能主人、主人的叫我?你們救過我們那麼多次了~大家直接互相叫名字就行,主人主人的,聽起來怪怪的,我們還都沒好好謝謝你們的幫助、救命之恩呢!

樂樂、露露、晶晶:這….可以嗎?

小夏:有什麼不可以的?相信師傅們也不介意反對的吧?

當然~然後大家都自我介紹了一下~當然介紹的過程裡,依然得不到任何我的信息!

師傅們:好了,大家先吃飯,然後再商討一下以後的事情吧,現在,黑龍江城已經失守的事情,也傳回去了,不知道他們後面會做出什麼決定、方針、計劃!畢竟是個由小小這個大精靈駐守的黑龍江城,失守, 應該會引起很大的騷動!現在皇族和貴族分為兩派,水火不容,爭權奪利!黑龍江城的失守會給皇族不少壓力!貴族勢力進一步的增加了!雖然他們完全不知道是因為小小來了這裡才導致失守,但是就算知道了也一樣會給皇族施加壓力!

眾人一起在欣欣師傅這裡吃飯的時候基本上問的都是關於小夏的事情,最後從樂樂她們口中得到的就是,小夏比她們強N倍,然後小夏的守護者是魔兔子和魔蜘蛛!至於失憶的原因她們也十分想知道!當然,對於說的比她們強這一點小小師傅們看到了小夏虐殺魔物的方式和能力的強大早就明白!

飯吃完了,大家一起和下午茶,欣欣師傅拿來幾個晶球過來,想看看樂樂她們的真實能力!

欣欣:依次對她們都用了神傷鑒定(一片漆黑,什麼反應也沒有),這一看,欣欣也特別好奇!

小小:瑤瑤你不說你發現小夏時也用過神傷鑒定嗎!也是這樣?

瑤瑤:不是,明確的顯示出來沒有受過傷也沒有精神方面的傷害~和她們完全不一樣!

欣欣:我試試看看晶球和小夏一樣,不知道是什麼的一閃即過跟本看不住來不不斷嘗試!啊~1級?你們那麼強的實力居然只是1級?我和小小是大精靈都實力遠遠不如你們!

樂樂:什麼是等級?

欣欣:看一個人的實際能力達到什麼水平!

樂樂:…….不太理解!

欣欣:就像我和小小是4級和2級打架,哪怕是站那不動,對方也打不過我們,3級就要稍微躲一下,4級就不僅僅要躲還要有對策額想辦法才能打贏對方~5級的話很難打贏,如果對方是6級,他們站在那不動我倆也傷害不到他們!

樂樂:…..不理解,別人都攻擊了,為什麼不躲不反擊?

欣欣:……..

小小:就像小夏對你們進行攻擊,你們會反擊嗎?

樂樂:不會啊,小夏攻擊我們一定是我們做錯事了!不能反擊的,要認錯~

小小:那要是沒做錯呢?

樂樂:那就不會攻擊我啊!攻擊了,就一定是我們那裡做錯了,或者我們理解錯了小夏的真實意思,再或者做了什麼讓小夏生氣的事!

小小:………….你打到底誰是誰的守護者啊?守護者哪裡有教被守護的人為主人啊?

樂樂:因為主人比我們厲害,實力遠遠超過我們啊!

兩位師傅全都無語了,不知道怎麼說好了!

小小、欣欣:算了,咱們先去練習場吧,了解一下他們具體實力!

欣欣:小夏~她們不理解,先讓晶晶別動,別反擊!

小夏:我十分理解欣欣師傅的意思,好好的,像晶晶解釋了一下,我看晶晶不理解,就用晶晶以後要保護我,必須看看她的防禦能力不是進攻能力,要讓她們看看~!一說是要保護我,沒他就立刻明白了~可是我剛要離開晶晶,她一把就抓住了我,別離我太遠啊~那樣沒辦法達到最高防御力!那不行,要是我離你遠的時候你怎麼幫我抵擋啊?

晶晶:我她不可能會讓自己離開她的最大防禦範圍的!

小夏:………(這是要告訴我以後會天天跟著我的意思嗎?寸步不離?)

欣欣:瑤瑤,現在為你哥哥加滿buff,一會兒喊開始,小航突擊過去,後極限突破、急速攻擊打攻擊晶晶~瑤瑤開始給小航加滿buff

小夏:啊啊啊啊,等等、等等,等等!我突然想起來晶晶都不理理解,樂樂、露露、天啟、阿迪、天宇能不能也不理解吧!我趕緊確認!她倆果然也不理解~我趕緊解釋對晶晶的測試的目的,結果她倆的回答和晶晶一樣(不會讓自己我離開她他們保護我的防禦範圍)這是對晶晶的測試,一會會單獨測試你倆的!她好像是理解了~好了~

欣欣師傅:瑤瑤、小航!開始

瞬間,小航的突擊衝去晶晶身前,技能強化、極限突破,急速攻擊的攻擊晶晶(看看是一瞬間的,但是晶晶看就是慢動作),晶晶跟本沒理會,直接喊了一聲樂樂、露露!一個推送技能把我推到她們身邊露露用了一個緩衝法術接下了我,然後瞬間我身上出現了金色的防禦罩,身上開不停的出現各種各種顏色的膜,這明顯就是露露的大恢復法術和天啟的各種buff,大恢復不僅僅能讓我徹底的恢復還能讓我能無敵30秒的狀態!各種buff徹底提升了我的各種能力!這個時候小航也衝到晶晶面前了,只聽到咣的一聲響在晶晶那!在小航不知道自己沒有對晶晶造成傷害的情況下,晶晶一個閃現來到了我身邊,和天宇一前一後的守護我在無敵狀態下的我,晶晶還在我處於無敵的狀態下又施加了防護罩,時刻提防著我的無敵狀態消失後遭到偷襲!樂樂那邊2個5米高的巨型4級的骷髏,伴隨著30個2級小骷髏!這些與我保持段距離的骷髏圍在我前前後後,空中漂浮著兩個蜂巢以4級魔法骷髏兵一共8八個,4個魔法系,4個戰士係!27個貓骨兵隨時準備偷襲敵人的後方!一隻巨大的龍骨兵盤旋在我頭頂!樂樂、晶晶、露露伴隨我左右!這明顯就是一個標配版,已我為中心的的有攻有守的陣型~就因為我看到過樂樂出現時她身後那個巨型骷髏,我生怕出什麼問題,所以注意力特別的集中她們三個身上!

小夏:…….她們果然跟本沒理解我說的是什麼意思!正在擔心她們會進行反擊時!

樂樂:樂樂她們突然對 我說,對吧,不能攻擊,沒錯吧~

小夏……(確實是沒錯,但這不變成團合作了嗎)

本想僅僅進攻打到了晶晶一下也不知道對其傷害到了什麼程度後,結果看向晶晶閃去的方向,小航立刻楞在那,看著那邊的晶晶緊靠著小夏,兩遍站著樂樂和露露,前前後後的可攻可防的陣勢,目瞪口呆~瑤瑤和師傅他們都楞在那半天沒反應過來,只有我這個早有精神準備的沒有楞在那,但是看到了樂樂召喚出來的魔物數量倒是讓我很是驚訝!師傅她們一直城中的防魔警報響了才反應過來!樂樂召喚出來的是實實在在的魔物!師傅們見過樂樂的召喚術,這次本只想看看晶晶的防禦能力,看看她到底抗擊打到什麼程度!樂樂和露露的稍後出場再試,這次跟本沒想到樂樂、露露也參與進來!警報一響我第一時間和樂樂說,快用那個黑色的門,讓它們都回去!樂樂沒完全的理解這是怎麼了!但是我說的,那就讓它們回去吧,說完那道漆黑的門又出現了,樂樂的魔物們都進去了,然後門消失了!警報也不響了!這時樂樂對我說:主人這叫惡魔門召喚,簡稱,惡魔門!你不記得了?這可是你創造的法術,然後教我的啊!我我著樂樂,我不記得了,還有不是說過直接叫我小夏的嘛,怎麼又叫主人!樂樂對我說,還沒習慣,嘿嘿!

我忘記太多的事情了,你們出來保護我時我都不記得你們是誰!只覺得你們不會傷害我!

阿迪:昨天那些魔物一個是亞特蘭城派來的!今天要不要去找他們算賬!

天宇:是啊,居然敢去我主人的底盤!

師傅小小他們過來詢問,你們打算去亞特蘭城?那裡已經變成魔物的重要基地了,有著強大的魔物和魔人,你們其那裡做什麼?

阿迪:對主人不敬必須誅九族!聽到這話的師傅小小一行人全部極力的反對,不許去,雖然你們確實很厲害,但是亞特蘭城裡不僅僅有魔物的駐守軍隊,還有魔人!從被侵佔後就一直想奪回城市!但是這不是幾個人就能做得到的!

阿迪:那帶我們去附近看看總可以吧!

欣欣:去看看吧,奪城的時候她們也是必不可少的戰鬥力,比起咱們她們太強大了!現在看到她們我才明白為什麼我和你免費送給小夏的技能會被排斥,有著如此強大的守護者,你和我的守護跟本不需要!准本一下一會就出發吧!

就這樣我們去準備了,說是準備一下其實也沒什麼可准備的,無非就是拿幾瓶藥和吃的而已!

準備好後大家來到了陸甲龜的停放處,領取了陸甲龜便出發了~師傅小小說,亞特蘭城要比黑龍江城到吉林城遠,至少1.5個小時,隨著時間的過去已經能看到亞特蘭城了!

阿迪:樂樂,開個門試試看看!樂樂開了一個門,能看到裡面是吉林城附近!嗯,已經連接上了

師傅小小和欣欣師傅看得目瞪口呆!你們這都是些什麼魔法?守護者特有的嗎?

樂樂:不是,是以前小夏教我們的。現在他失憶了這些都不記得了!天啟,你感應一下裡面的狀況~

天啟:嗯,裡面有一個3級魔人大概5、6個2級魔人,1級魔物部隊差不多6萬2000!而且還在增長!

師傅小小:看來以咱們的實力還是不行啊!得像大皇宮那邊請求支援!單單靠咱們吉林城的兵力一定不行!收不回來~黃族和貴族都為了自己的利益像收回亞特蘭城,不顧士兵們的死活,這種兵力的告訴他們,咱們收不回來亞特蘭城的,單單一個3級魔人和數個5、6級的2魔人就足以滅掉咱們所有部隊了!回去吧!靠剛剛那個門能直接回去吧!

天啟:找到了,昨天那個傢伙!

阿迪:好了,晶晶!

唰的一下一個透明的乳白色魔法罩照在我們這裡,把我們全部保護在裡面!

師傅小小、欣欣、一路:你要做什麼?

阿迪:舉起雙手,周圍所有的魔力不斷的集中在阿迪雙手的上方形成一個巨大的黑色球體!此時,天啟又喊道了天啟的名字天啟釋放了一個魔法進到那個巨大的球體裡面,瞬間巨大的球體變小了,然後繼續變大!天啟,再壓縮一次!球體瞬間又變小了!

師傅小小、欣欣、一路、小航、瑤瑤:阿迪你要做什麼?

阿迪:晶晶再罩上2層防護罩!

晶晶:唰、唰、又出現了兩層乳白色的透明罩照在大家這裡!

天啟:區區的魔物、魔人!這就是你們對我們欺負失憶的小夏所要付出的代價!怒喊這那個巨大的黑色球體再一次直衝雲霄!直奔亞特蘭城的半空!再一次吸取周圍的魔力後爆炸了!瞬間一個黑色的蘑菇雲立在那裡!亞特蘭城灰飛煙滅!一點殘渣不剩,反倒地上出現了一個巨大的園坑!傳過來的黑色氣體炸開了晶晶設的防護罩一層!

天啟:一個不剩!仇報了!

阿迪:區區的低級魔物!不知廉恥的魔物!這就是你們欺負失憶的小夏的下場!

天空上開始下起了黑色的雨!看著發生著這一切的眾人目瞪口呆!看到阿迪提前讓樂樂,使用了一下門看看能不能連接上!看到能連接上了就知道阿迪打算攻擊,一下,也沒太在意,心想反正阿迪準備好了後路攻擊一下就走也沒什麼!但是,萬萬沒想到阿迪加上天啟的攻擊居然能徹徹底底的毀掉一座城!讓一座城徹徹底底的從世界上消失!吃驚的不知道說什麼好,瑤瑤則挎著我的胳膊,流著淚!

阿迪:沒事了,欺負你們兄妹倆和小夏的已經從這個世界上徹底消失了!忘記那塊痛苦的記憶吧!

小夏:拍著跨在自己手臂上的手瑤瑤的手,瑤瑤哭泣的看著小夏,小夏擦乾了瑤瑤眼睛上的淚水,說道,有我們在沒人再幹欺負你!瑤瑤大哭著緊緊的保住小夏!

過了一會,瑤瑤不哭了,好了咱們回去吧!師傅們,回家了…..

隨著亞特蘭城的消失….小夏的生涯告了一個段落!

上一卷:一個魔法師的傳說009返回小說目錄動漫壁紙美食網站返回首頁


google translate japanese

ボリューム10(ミステリーオブライフエクスペリエンス)
私たちがおしゃべりをしている間に、シャオシャオ師が降りてきて、私たちが話しているのを見て、ゆっくりと歩きました〜
Xiaohang:マスター、お元気ですか?休んだ?今の体調はどうですか?大丈夫ですか?
Xiaoxiao:私は大したことはありません、私はあなたが癒すのを手伝うだけです、そして私はより多くの魔法を使いました〜それはただ少し疲れて、ただ休むだけです!一番気になるのはお姉さんです生涯傷ついていましたどれだけ傷ついたのか分かりません!
Xinxin:怪我は深刻であるはずです。そのとき彼女は魔法の力を持っていなかったので、彼女の人生の価値はあなたを治療するための魔法の力に置き換えられているはずです!結局、私は犠牲を使いたかったのですが、それは必死で怒っている人の決断でなければなりません!
Xiaoxia、Xiaohang:マスターXinxin、お元気ですか?大丈夫?私は何でもない!私はあなたを癒し、彼女(ルル)の魔法を学ぶためにより多くの魔法の力を使用しました-
Xiao Xia、Xiao Hang:マスター、大丈夫です、私は安心しました、ルル、助けて、マスターを再び癒してください、あなたは大きな回復を使用したくありません、通常の治療法だけで回復します、ありがとう〜
ルル:それは何でもない、マスター、大きな回復以外はすべて大丈夫です〜
Xiaoxia:ありがとうございます!
ルル:マスター、何の話をしているの!私と一緒にとても礼儀正しく!グレートリカバリーはあなたのために特別に作成されたので、他の人には使用しません!
Xiaoxiao:Yaoyaoは昨日大変すぎました、いつ完全に回復できるかわかりません! Xiaohang、行って彼女に会ってください!あなたも、Xiaoxia、Yaoyaoもあなたに会えてとても幸せです、これは彼女の回復を助けます!
Xiaohang、Xiaoxia:なるほど〜
Lele、Lulu、Jingjing:Xiaoxiaもフォローしてください。Xiaoxiaから離れないでください。八百八のある部屋に着くと、八百八のうめき声が聞こえてきましたが、小ハングと私がドアを開けて突入しました。入ると、八百八がベッドに横になって汗をかくのが見えました。 、Xiao Hangはすぐに主人と他の人たちに電話をかけ、Yaoyaoは低い声で「兄弟、兄弟、癒し、癒し」と空中で嘆き、そして癒しのテクニックからの緑色の光が下に散乱しました!
Xiaoxiao、Xinxin:Yaoyaoは昨日の状態から抜け出していない、まだ彼女の兄弟は彼女の心の中でモンスターと戦っているとまだ思っているので、彼女は「兄弟」と叫び続け、その後継続的にヒーリングテクニックを解放します。遅かれ早かれ魔法は使い果たされるでしょう!彼は休むことなく回復することができます!
師匠の言うことを聞いて、すぐに八百八の手を掴んだ!
Xiaoxia:すべてが終わった、そしてあなたの兄弟は安全だ〜あなたはもう緊張していない、すべてが終わった、見て、私はあなたが言ったほど恥ずかしくない、今あなたの手をつかむために率先していない、またはあなたのマスターの前で、彼らはすべて一緒に渡されました〜覚えてください、レレはそれらをすべて取り除きました、あなたはそれらを忘れましたか〜
Xiaohang:姉妹、兄弟はあなたのそばにいます、それは大丈夫です、悪夢はありません、それはすべて終わったのです!
Xiaoxiao、Xinxin:彼女は昨日本当に傷ついたようです!さもないとこうなりません〜
レレ:横を見て、誰かここに近づいていますか?彼女はいつこれを始めましたか? (誰も近づきませんでした。戻ってきた後、彼女は少しがっかりするように追従させず、しぶしぶベッドに横になったことを示しました、そしてそれはしばらくしてそれでした)
Xiaoxiao、Xinxin:何が問題なのですか?誰と話していますか?
レレ:マスターや他の人を無視して、ルルと直接浄化について話しました〜
ルル:浄化!
濃い緑色の光が消えると、やややの胸に黒いものがくっついた!
Xiaoxiao、Xinxin:胸に黒い物体が見えたら、すぐにそれを使って魔法、浄化、解毒などを放出します!しかし、それはYaoyaoに付着している黒いオブジェクトには影響しません!使ってみたら人生に害はないと言いましたが、眠りにつくと似たような夢をみて苦痛になり、やおやのような呪文を使ってマナを消費する可能性が高いです…
Xiaohang:私は何をすべきか?マスターはそう言った、私の妹は何をすべきか!それは彼女の人生を傷つけることはありませんが、彼女は痛みを伴う悪夢の中で生きてきましたか?私は何をすべきか! Xiao HangはYaoyaoの反対側でもYaoyaoの手を握っています!目に涙を浮かべて、彼はマスターズをどうしようもなく見ました!
ちょうどこの時!
Lele、Jingjing:彼らは言った、それは本当にそうです、それは悪夢の呪いです!ルル、マスターの緊張した表情を見て、マスターは彼女を非常に重視しているようです、それを彼女に説明してください!
ルル:私を見て、もう一度八尾を見て、Xiaohangとマスターは言った! Leleあなた2が言ったので!悪夢の治療法!
突然、やおやの胸に小さな蟻のようなモンスターの山が現れ、一緒に黒と黒の物体の下に乗り、一緒に外を歩くやややのように黒の物体を持ち上げ、ゆっくりと歩いていきました。やややの体が少し持ち上げられた後、小さな怪物は色を失い始め、黒い物体は徐々に消え、やがて完全に消え、やややが回復しました。いつもの表情で、笑顔で眠りにつく! Xiaohangは感謝し続けます(Lele、Lulu Jingjing)
Lele、Lulu Jingjing:私たちに感謝しないでください、ホストに行ってくれてありがとう、ホストは彼女を大切にしません、私たちは彼女を気にしません!
Xiaoxiao、Xinxin:どのスペルを使用しますか?聞いたことがない!初めて聞いた!
Xiaoxia:ありがとう、あなたなしでは彼女の苦しみを見ることができます〜
Lele、Lulu、Jingjing:あなたが大切にしていることは、絶対に害を及ぼさないでしょう。しかし、マスター、あなたの健忘症は私たちが最も心配していることです!これはうまくいきません、あなたの記憶を最初に見つける必要があります。
Xiaoxiao、Xinxin:2人で後で状況を確認できますか?二人の詳細とXiaoxiaの人生経験、そして彼の健忘の理由についてもっと知りたいです〜
レレ、ルル、ジンジン:私たちは何をする必要がありますか?
Xiaoxiao、Xinxin:何もする必要はありません。魔法の怪我の識別と水晶玉の識別を使用してみましょう〜
Lele、Lulu、Jingjing:所有者にとって良い限り、問題ありません〜
ルル:やおやを見て、しばらく考えてみると、やおやの前に強い緑色のライトが点滅し、やおやに金色の防護盾が現れた!
Xiaohang:ありがとう、Luluのようにありがとう、ありがとう!
Xiaoxia:ありがとうルル〜
ルル:マスター、しばらくすると起き上がり、元気で、兄のように完全に回復しました〜
Xiaoxiao、Xinxin:ルルの呪文を見てください!明らかにそれは大きな回復です!今回、Xiao HangとYao Yaoは素晴らしい回復を利用しましたが、マスターは完全に安心しています。
ルル:しばらくすると、Xinxinの大きな見習いが立ち上がりますが、魔法の力をより多く消費します。私は彼を1度だけ扱うことができるので、誰もが安全で元気です〜レレに戻るように言います!
レレ:わかりました、最初に戻りましょう!話しかけたところ、暗黒の門が再び現れ、すぐに姿を消した! (建てられた門は、誰にも見えないモンスターが入り、消えるのを待つ)
1つの方法:マスター、なぜ皆さん全員がここにいるのですか?ただ居間に行って見てみたら誰もいませんでした声が聞こえてきたらやってきました〜
やおやお:この瞬間、めまいがするややおも立ち上がって周りを見回し、目がくらんで何が悪いの?なぜみんなここにいるの?兄弟、あなたは何を泣いていますか、何が私に悪いのですか?
Xiaohang:いいえ、あなたが安全で幸せであることを確認してください!
ルル:マスターは彼女の表情で大丈夫です、心配しないでください!ずっと見て、治療法がリリースされました〜これ!誰もが完全に安全で健全でした!心配しないで〜マスター
Xiaoxia:私をマスター、マスターと呼べますか?あなたは私たちを何度も救ってきました〜お互いの名前を直接呼び出すことができます、マスターの名前、それは変に聞こえます、私たちはあなたの助けと助けに本当に感謝していません!


レレ、ルル、ジンジン:これは…大丈夫ですか?
Xiaoxia:何が問題なのですか?マスターは反対しても構わないと思いますか?
もちろん〜みんなが自己紹介をしました〜もちろん、紹介の時はまだ何も情報がありませんでした!
マスター:さて、まず食事をして、それから未来について話し合いましょう。さて、黒竜江市で起こったことが戻ってきました。彼らが後でどのような決定、方針、計画を立てるかはわかりません!結局のところ、それは小さな大きなエルフが駐留している黒竜江省の都市であり、秋は大騒ぎを引き起こすでしょう!王室と高貴な家族は2つの派閥に分けられ、権力と利益のために戦います!黒竜江市の崩壊は王室に大きな圧力をかけるでしょう!貴族の力がさらに高まりました!彼らがシャオシャオがここに来たからだとは知らなかったが、彼らがそれを知っていたとしても、彼らは王室に圧力をかけるだろう!
マスターシンシンで皆が食事をしているとき、彼らは基本的にシャオシアについて尋ねていました。レレから学んだ最後のことは、シャオシアは彼らよりN倍強く、シャオシアの守護者は魔法のウサギと魔法の蜘蛛だったということです!彼らはまた、記憶喪失の原因を知りたいのです!もちろん、彼らが彼らよりも優れていると言った小さなマスターは、Xiaoxiaの方法とモンスターを殺す能力を長い間理解していました!
食事が終わった後、みんなでアフタヌーンティーを飲み、マスターXinxinがいくつかの水晶玉を持ってレレの本当の能力を確認しました。
Xinxin:次に、私はそれらすべてに認知症の評価を使用しました(真っ黒でまったく反応がありませんでした)この外観では、Xinxinも非常に好奇心が強いです!
Xiaoxiao:Yaoyao、Xiao Xia Shiも精神的損傷評価を使用していることを発見したと言わないでください!これも好き?
八百八:いいえ、怪我や精神的な怪我がないことは明らかです〜全く違う!
Xinxin:JingqiuがXiaoxiaと同じであることを確認してみましょう。私はそれが何であるかわかりません。あ〜レベル1?あなたのそのような強い力は実際にはレベル1だけですか?私とXiaoxiaoはあなたよりはるかに劣っている大きなエルフです!
レレ:レベルとは何ですか?
Xinxin:人の実際の能力が到達するレベルを確認してください!
レレ:…….よくわかりません!
Xinxin:Xiaoxiaoと私がレベル4とレベル2で戦っているように、私たちが立ち止まったとしても、敵は私たちを倒すことはできません。レベル3では少し隠れる必要があります。レベル4では隠れるだけでなく、対策も必要です。レベル5で勝つことは困難です。対戦相手がレベル6である場合、移動せずにそこに立っていれば私たちを傷つけることはできません!
レレ:…..わかりません。他の人が攻撃しました。なぜ隠れて反撃しませんか?
Xinxin:……..
Xiaoxiao:Xiaoxiaが攻撃したように、反撃しますか?
レレ:いいえ、Xiaoxiaは私たちを攻撃するときに何か間違ったことをしたに違いありません!反撃できないなら、間違いを認めなければなりません〜
Xiaoxiao:何か間違ったことをしなかったとしたら?
レレ:その後、私を攻撃しません!私たちが攻撃した場合、私たちは何か間違ったことをしているに違いないか、Xiaoxiaの本当の意味を誤解していたか、Xiaoxiaを怒らせる何かをしました!
Xiaoxiao:…………誰の保護者と戦いますか?保護者はどこで保護者にマスターになるように教えることができますか?
レレ:マスターは私たちよりも強く、その強さは私たちをはるかに超えています!
二人の主人は皆無言です、私はそれを言う方法がわかりません!
Xiaoxiao、Xinxin:忘れてください。具体的な強みを見つけるために、まず練習場に行きましょう!
Xinxin:Xiaoxia〜彼らは理解していません、Jingjingはじっとしていて、反撃しないでください!
Xiaoxia:私はマスターXinxinの意味をよく理解しています。まあ、Jingjingが説明したように、私はJingjingが理解していないと思うので、将来、Jingjingを使用して私を保護します。彼女の防御能力は攻撃能力ではないので、見てね〜!私を守りたいと言ったとき、彼なしですぐにそれを知っていました〜しかし、私が京京を去ろうとしているとすぐに、彼女は私をつかみました、私から遠すぎないでください〜そのように、最高の防御を達成する方法はありません!私はあなたから遠く離れている場合、どうすれば抵抗できますか?
ジンジン:私、彼女、私が彼女の最大防御範囲を離れることは不可能です!
Xiaoxia:………(これは、私が毎日私に従うことを私に言うことを意味しますか?離れないこと?)
Xinxin:ヤオヤオ、兄のバフを満たし、しばらく叫び始めると、シャオハンが攻撃し、限界を突破し、京京に迅速な攻撃を加えます〜ヤオヤオ

Xiaohangのバフを埋め始めます
Xiaoxia:ああ、ああ、待って、待って、待って!私は突然、Jingjingが理解できなかった、Lele、Lulu、Tianqi、Adi、Tianyuが理解できなかったことを思い出しました!早く確認! 2人は本当に理解していませんでした〜私はすぐにJingjingのテストの目的を説明しました。その結果、2人はJingjingと同じように答えました(私は私を彼女から離れさせず、彼らは私の防御を保護します)。これはJingjingのテストです。両方を個別にテストします!彼女は理解しているようです〜よく〜
マスターシンシン:ヤオヤオ、シャオハン!開始
瞬時に、Xiaohangの攻撃はJingjingの体に突入し、彼女のスキルを強化し、限界を打ち破り、Jingjingを急速な攻撃で攻撃しました(それは瞬間でしたが、Jingjingはスローモーションであると見ました)、Jingjingはベンを無視し、直接ルレを叫んだ!プッシュスキルが私を彼らに押し付けました。ルルは私を連れて行くためにバッファリングスペルを使用しました。その後、金色の防御シールドが私の体に現れ、さまざまな色の膜が私の体に現れました。これは明らかにルルのものでした。偉大な回復の呪文と黙示録のさまざまなバフ、偉大な回復は私を完全に回復させるだけでなく、30秒間無敵であることができます!さまざまなバフが私のさまざまな能力を完全に改善しました! Xiao Hangもこの時点でJingjingに急行し、Jingjingの強打だけを聞いた! Xiaohangが京京にダメージを与えていないことを知らなかったとき、京京は瞬く間に私のところにやって来て、Tianyuは次々に私を守ってくれました。私は無敵の状態でしたが、静景はまだ無敵の状態でした。私は再び保護カバーを付けました、私の無敵が消えた後は常に攻撃されることに注意してください!レレには、高さ5メートルの2つのレベル4のスケルトンがあり、レベル2の小さなスケルトンが30個付属しています。これらのスケルトンが私から一定の距離を保って私を囲み、2つのハニカムが空中に浮かんでいます。レベル4マジック、4マジックタイプ、4ウォリアータイプの合計88のスケルトン兵がいます! 27匹の猫骨兵がいつでも敵の後部を攻撃する準備ができています!巨大なキールの兵士が私の上に舞い降りました!レレ、ジンジン、ルルが一緒にいます!これは明らかに標準バージョンで、攻撃と防御のフォーメーションが中心です〜レレが登場したときに彼女の後ろに巨大なスケルトンが見えたので、私は何かがおかしいので恐れていました。 3対1!
Xiaoxia:……彼らは私がベンと何を言っているのか本当に理解していませんでした!彼らが反撃することを心配しているとき!
レレ:レレと他の人たちは突然私に言った、右、彼らは攻撃できない、そうですか?
Xiaoxia …(本当ですが、これはチームワークではありませんか?)
京京を攻撃したかったのですが、どれだけ痛いのかわかりませんでしたが、彼が京京の点滅する方向を見ると、Xiaohangはすぐに凍り、Xiaoxiaの近くにあるJingjingを見ていました。あちこちに立っているレレとルル、前と後ろにある攻撃的で防御可能なフォーメーションが驚いた〜ヤオヤオとマスターは長い間反応しませんでした。精神的に準備された私だけがそこにいませんでしたが、レレが召喚されたモンスターの数を見て驚いた!マスターと他の人々は都市の対魔法警報に反応しています!レレは本物のモンスターを召喚しました!マスターはレレの召喚テクニックを見てきましたが、今回は私は、Jingjingの防御能力を見て、彼女がそれに対してどれだけ戦ったかを見たかっただけです! LeleとLuluは後で再試行しますが、今回はLeleとLuluも参加することを期待していませんでした。アラームが鳴ったらすぐに、私はレレにすぐに言いました。その黒いドアを使用して、全員を元に戻しましょう。レレは何が起こっているのか完全には理解していませんでした!しかし、私が言ったように、彼らを戻しましょう。話し終えた後、暗いドアが再び現れ、レレのモンスターがすべて入って、それからドアが消えました!アラームは鳴りませんでした!この時、レレは私に言った:マスター、これはデーモンゲート召喚と呼ばれ、略して悪魔ゲート!覚えていないのですか?これはあなたが作成して私に教えた魔法です!私は幸せです、覚えていません。私が直接Xiaoxiaと呼ばれたとは言わなかったのですか?どうして私は再び主人と呼ばれるのですか!レレは私に言った、まだそれに慣れていない、へへ!
私はたくさんのことを忘れてしまいました、そしてあなたが私を守るために出てきたときあなたが誰であったか覚えていません!あなたは私を傷つけないと思います!
アディ:昨日、それらのモンスターの1つはアトランタから送信されました!あなたは今日それらを見つけたいですか?
Tianyu:はい、あえてマスターのシャーシに行きます!
Xiaoxiaoマスター達が尋ねに来ました、あなたはアトランタに行くつもりですか?モンスターにとって重要な拠点となっており、強力なモンスターやモンスターがいますが、何をしているのですか?
アディ:マスターに失礼なため、9氏族を罰しなければなりません!これを聞いた小暁とその一行は強く異議を唱え、出入りを許されませんでしたが、実は強力ですが、アトランタにはモンスターの駐屯軍だけでなく、鬼もいます!占領されてからずっと街を奪還したいと思っていました!しかし、これは数人ができることではありません!
アディ:それなら、近くに行くために連れて行ってください!
Xinxin:見てみましょう。都市を占領する際にも不可欠な戦闘力です。私たちに比べると非常に強力です!私はそれらを見て、あなたと私がXiaoxiaに無料で提供したスキルが拒否される理由を理解しました。このような強力な保護者の場合、あなたと私の保護者はそれを必要としません!そろそろ出発しよう!
このようにして、準備はできたと言って準備をしましたが、準備は何もありませんでした。それは、数本の薬を飲んで食べることに過ぎませんでした。
準備が整った後、皆がカメの駐車場に来て、カメを受け取った後に出発しました〜マスターの短編小説で、アトランタは黒龍江から吉林まで、少なくとも1.5時間は経過しています。アトランタが見えます!
アディ:レレ、ドアを開けて試してみてください!レレがドアを開けると、吉林市の近くにあることがわかりました。まあ、それは接続されています
XiaoxiaoマスターとXinxinマスターは驚いて見えました!皆さんはどんな魔法ですか?ガーディアンに固有のものですか?
レレ:いいえ、Xiaoxiaは以前に教えてくれました。彼は記憶喪失症になりました、彼はこれらを思い出せません!黙示録、あなたは中の状況を感じます〜
黙示録:ええと、レベル3のモンスターにはレベル2のモンスターが5〜6匹、レベル1のモンスターは約62,000人います。そして、それはまだ成長しています!
Xiaoxiaoマスター:私たちの力はまだ十分ではないようです!まるで王宮のサポートを求めるようなものです。私たちの吉林市の力だけではうまくいきません!取り戻せない〜黄氏族と貴族は、兵士の生死に関わらず、自分の利益のためにアトランタを取り戻すようなものです。この種の力は、レベル3の悪魔といくつかのレベル5とレベル6 2の悪魔ですべての部隊を破壊できます!戻りましょう!今すぐ玄関先で直接帰れます!
黙示録:それを見つけた、その男は昨日!
アディ:よし、ジンジン!
ええと、透明な乳白色の魔法のマスクが私たちを照らし、私たち全員を守っています!
マスターXiaoxiao、Xinxin、Yilu:何をしますか?
アディ:手を上げてください。周りのすべての魔法が常にアディの手に集中して巨大な黒い球を形成します!このとき、天起は再び天起の名前を叫びました。天起は巨大な球体に魔法を放ちました。巨大な球体は即座に小さくなり、その後も成長し続けました!黙示録、もう一度圧縮してください!球が瞬時に小さくなりました!
Xiaoxiao、Xinxin、Yilu、Xiaohang、Yaoyaoマスター:何をするつもりですか、アディ?
Adi:Jingjingは再び2層の保護カバーを着用しました!
ジンジン:ええと、ええと、さらに2つの乳白色の透明マスクがここに登場しました!
黙示録:単なるモンスター、悪魔!これは、いじめのXiaoxiaの代金です。その巨大な黒い球が再び空に突入したことを叫びました!まっすぐアトランタの空中に行きます!周囲の魔法をもう一度吸収して爆発!黒いキノコ雲が一瞬にして立ちました!アトランタは一掃されました!残りはありませんでしたが、地面に巨大なガーデンピットが出現!通過する黒いガスは、Jingjingの保護カバーの層を爆発させました!
黙示録:誰も残っていません!復讐!
Adi:単なる低レベルのモンスターです!恥知らずなモンスター!これはあなたのいじめっ子シャオシャの運命です!
空が真っ黒になり始めました!このすべてが起こっているのを見た人々は驚いた!アディは事前にレレに尋ねたのを見て、ドアを使って接続できるかどうかを確認しました。接続できたのを見て、アディが攻撃することを知り、あまり気にしていなかったので、とにかくアディは攻撃して出発する準備ができていると思いました!しかし、AdiとApocalypseの攻撃によって都市が完全に破壊されるとは思いもしませんでした。都市を世界から完全に消そう!何を言えばいいのかわからなかったのでびっくりしましたが、やややを抱きしめて泣き叫びました!
アディ:大丈夫です、兄弟姉妹と小酸素をいじめた人はこの世界から完全に姿を消しました!その苦しい記憶を忘れてください!
Xiaoxia:腕にまたがるYaoyaoの手を撫でて、Yaoyaoは涙でXiaoxiaを見て、XiaoxiaはYaoyaoの目から涙を拭き取り、「誰もいなくなったらいじめます!」 Yaoyaoは泣き、Xiaoxiaをしっかりと保持しました!
しばらくして、やややが泣きやめて、また行こう!マスター、家に帰って…
アトランタの消滅で… Xiaoxiaのキャリアは終わりました!

上一卷:一個魔法師的傳說009返回小說目錄動漫壁紙美食網站返回首頁


google translate english

Volume 10 (Mystery of Life Experience)
While we were chatting, Master Xiaoxiao came down, watched us talking, and walked over slowly~
Xiaohang: Master, are you up? Have you rested? How is your physical condition now? Are you ok?
Xiaoxiao: I don’t have a big deal, I just help you heal, and I used more magic~ It’s just a little tired, just rest and rest! What worries me the most is your sister. She was hurt to the point of life. I don’t know how much it was hurt!
Xinxin: The injury should be serious. She had no magic power at that time, and her life value should have been replaced by magic power to treat you! In the end, I wanted to use sacrifices. It should be a decision made by desperate and angry!
Xiaoxia, Xiaohang: Master Xinxin, are you up? How is it okay? I’m nothing! I just used more magic power to heal you and learn her (Lulu) magic-
Xiao Xia, Xiao Hang: Master, you are all okay, I feel relieved, Lulu, help, let the masters heal again, you don’t want to use a big recovery, just normal cure, just recover, thank you~
Lulu: It’s nothing, master, everything is okay except for a big recovery~
Xiaoxia: Thank you so much!
Lulu: Master, what are you talking about! Be so polite with me! This is what it should be. The Great Recovery was created specifically for you, so I won’t use it for others!
Xiaoxiao: Yaoyao was too hard yesterday, I don’t know when I can completely recover! Xiaohang, go and see her! You too, Xiaoxia, Yaoyao will be very happy to see you, this will help her recover!
Xiaohang, Xiaoxia: I see~
Lele, Lulu, Jingjing: Also follow Xiaoxia, never leave Xiaoxia:! When we arrived in the room where Yaoyao was, we heard Yaoyao groaning in the room, Xiaohang and I opened the door and rushed in. After entering, we found Yaoyao lying on the bed and sweating profusely. Seeing Yaoyao in this state , Xiao Hang immediately called the master and the others to come, Yaoyao moaned in a low voice, “Brother, Brother, Heal, Heal” in the air, and the green light from the healing technique was scattered downward!
Xiaoxiao, Xinxin: Yaoyao hasn’t gotten out of yesterday’s state, still thinking that her brother is still fighting with monsters in her heart, so she keeps shouting “brother” and then continuously releases the healing technique. Sooner or later the magic will be exhausted! He can recover without rest!
Hearing what the masters said, I immediately grabbed Yaoyao’s hand!
Xiaoxia: Everything is over, and your brother is safe~ You are not nervous anymore, everything is over, look, I am not taking the initiative to grab your hand now, not as embarrassed as you said, or In front of your masters, they all passed together~ Remember, Lele got rid of them all, have you forgotten them~
Xiaohang: Sister, brother is by your side, it’s okay, don’t have nightmares, it’s all over!
Xiaoxiao, Xinxin: It seems that she was really hurt yesterday! Otherwise it wouldn’t be like this~
Lele: Look at the side, is anyone approaching here? When did she start this? (No one approached. After coming back, she showed that she would not let her follow a little disappointed, and then lay on the bed reluctantly, and that was it after a while)
Xiaoxiao, Xinxin: What’s wrong? who are you talking to?
Lele: Ignoring the master and the others, I directly talked to Lulu about purifying it~
Lulu: Purify!
As the deep green light disappeared, a black object stuck to Yaoyao’s chest!
Xiaoxiao, Xinxin: When you see a black object on your chest, you immediately use it to expel magic, purification, detoxification, etc.! But it has no effect on the black object sticking to Yaoyao! After using it, I said that this will not hurt my life, but after falling asleep, I will have similar dreams that make myself very painful, and it is likely to use spells like Yaoyao to consume mana~ we…
Xiaohang: What should I do? The master said so, what should my sister do! Although it won’t hurt her life, she has been living in a painful nightmare? What should I do! Xiao Hang also holds Yaoyao’s hand on the other side of Yaoyao! With tears in his eyes, he looked at the masters helplessly!
Just at this time!
Lele, Jingjing: They said, it really is, it is a nightmare curse! Lulu, look at the nervous look of the master, it seems that the master attaches great importance to her, please explain it to her!
Lulu: Looked at me, looked at Yaoyao again, Xiaohang and Master said! Since Lele you two said that! Nightmare cure!
Suddenly a pile of small ant-like monsters appeared on Yaoyao’s chest. Together, they got under the black and black objects, and together they lifted the black objects, like Yaoyao walking outside, and slowly walked out. After Yaoyao’s body was lifted out a little bit, the little monsters began to fade in color, and the black objects gradually faded, and finally disappeared completely, and Yaoyao recovered. With a normal expression, I fell asleep with a smile! Xiaohang keeps thanking (Lele, Lulu Jingjing)
Lele, Lulu Jingjing: Don’t thank us, thank the host for going, the host doesn’t value her, we don’t care about her!
Xiaoxiao, Xinxin: What spell do you use? Never heard of it! Heard for the first time!
Xiaoxia: Thank you, we can only watch her suffer without you~
Lele, Lulu, Jingjing: What you value, we will definitely not let it be harmed, but, Master, your amnesia is now what we worry about most! This is not going to work, you should find your memory first is the top priority to consider!
Xiaoxiao, Xinxin: Can you two see your situation later? I want to know more about the details of you two and Xiaoxia’s life experience, as well as the reason for his amnesia~
Lele, Lulu, Jingjing: What do we need to do?
Xiaoxiao, Xinxin: No need to do anything, just let us use magical injury identification and crystal ball identification~
Lele, Lulu, Jingjing: No problem, as long as it is good for the owner~
Lulu: Looking at Yaoyao, thinking for a while, a strong green light flashed out in front of Yaoyao, and a golden protective shield appeared on Yaoyao!
Xiaohang: Thank you, thank you like Lulu, thank you!
Xiaoxia: Thank you Lulu~
Lulu: Master, she will get up in a while, she’s fine, and she’s completely recovered like his brother~
Xiaoxiao, Xinxin: Look at Lulu’s spells! Obviously it is a big recovery! This time the great recovery has been used by Xiao Hang and Yao Yao, the masters are completely relieved.
Lulu: After a while, Xinxin’s big apprentice gets up, but it consumes more magic power. I can treat him once~ so everyone is safe and well~ Lele tell them to go back!
Lele: Okay, let’s go back first! After speaking, the dark gate appeared again, and soon disappeared! (The erected gate waits for the monsters that are invisible to everyone to enter and then disappear)
One way: Master, why are you all here? I just went to the living room and took a look. No one was there. When I heard the voice, I came over~
Yaoyao: At this moment, the dizzy Yaoyao also got up, looked at us around her, and asked in a daze, what’s wrong? Why are everyone here? Brother, what are you crying, what’s wrong with me?
Xiaohang: No, see you are safe and happy!
Lulu: The master should be fine with her look, don’t worry! Watching all the way, a cure was released~ this! Everyone was completely safe and sound! Don’t worry~Master
Xiaoxia: Can you call me the master, the master? You’ve saved us so many times~ You can just call each other’s names directly, the master’s, it sounds weird, we haven’t really thanked you for your help and help!
Lele, Lulu, Jingjing: Is this… okay?
Xiaoxia: What is wrong? I believe the masters don’t mind opposing it?
Of course~ Then everyone introduced themselves~ Of course, during the introduction, I still couldn’t get any information from me!
Masters: Okay, let’s have a meal first, and then discuss the future. Now, what happened in Heilongjiang City has been passed back. I don’t know what decisions, policies and plans they will make later! After all, it is a Heilongjiang city stationed by the little big elves, and the fall should cause a lot of commotion! The royal family and the noble family are now divided into two factions, fighting for power and profit! The fall of Heilongjiang City will put a lot of pressure on the royal family! The power of the nobility has further increased! Although they didn’t know that it was because Xiao Xiao came here that they fell, but even if they knew it, they would still put pressure on the royal family!
When everyone was eating here at Master Xinxin, they were basically asking about Xiaoxia. The last thing they learned from Lele was that Xiaoxia was N times stronger than them, and Xiaoxia’s guardians were the magic rabbit and the magic spider! They also want to know the cause of the amnesia! Of course, the little masters who said they are better than them have long understood Xiaoxia’s way and ability to kill monsters!


After the meal was over, everyone had afternoon tea together. Master Xinxin brought a few crystal balls over to see Lele’s true abilities!
Xinxin: In turn, I used the dementia appraisal on them all (it was pitch black and there was no reaction at all). At this look, Xinxin was also very curious!
Xiaoxiao: Yaoyao, don’t you say that you found that Xiao Xia Shi also used the mental injury assessment! Also like this?
Yaoyao: No, it clearly shows that there is no injury or mental injury ~ completely different from them!
Xinxin: Let me try to see that Jingqiu is the same as Xiaoxia. I don’t know what it is. I can’t help but keep trying! Ah~level 1? Your such strong strength is actually only level 1? Me and Xiaoxiao are big elves far inferior to you!
Lele: What is a level?
Xinxin: See what level a person’s actual ability reaches!
Lele:……. I don’t quite understand!
Xinxin: Just like Xiaoxiao and I are fighting at level 4 and level 2. Even if we stand still, the opponent can’t beat us. At level 3, we need to hide a little bit. At level 4, we must not only hide but also have countermeasures. It is difficult to win at level 5, if the opponent is at level 6, we can’t hurt them if they stand there without moving!
Lele: ….. I don’t understand. Others have attacked. Why don’t you hide and fight back?
Xinxin:……..
Xiaoxiao: Just like Xiaoxia attacked you, will you fight back?
Lele: No, Xiaoxia must have done something wrong when attacking us! If you can’t fight back, you have to admit your mistakes~
Xiaoxiao: What if you didn’t do something wrong?
Lele: Then you won’t attack me! If we attacked, we must have done something wrong, or we had misunderstood Xiaoxia’s true meaning, or did something that made Xiaoxia angry!
Xiaoxiao:…………Who is the guardian of whom do you fight? Where can the guardian teach the guardian to be the master?
Lele: Because the master is stronger than us, and the strength far exceeds us!
The two masters are all speechless, I don’t know how to say it!
Xiaoxiao, Xinxin: Forget it, let’s go to the practice range first to find out their specific strengths!
Xinxin: Xiaoxia~They don’t understand, let Jingjing stay still, don’t fight back!
Xiaoxia: I understand Master Xinxin’s meaning very well. Well, like Jingjing explained it, I don’t think Jingjing understands, so I will use Jingjing to protect me in the future. We must see that her defensive ability is not an offensive ability, and let them Check it out~! When I said that I wanted to protect me, I knew it immediately without him~ But as soon as I was about to leave Jingjing, she grabbed me, don’t be too far away from me~ That way, there is no way to achieve the highest defense! That won’t work. How can you help me resist if I am far away from you?
Jingjing: I, she, it is impossible for me to leave her maximum defense range!
Xiaoxia:………(Does this mean to tell me that I will follow me every day in the future? Not to leave?)
Xinxin: Yaoyao, now fill up the buff for your brother, and start shouting for a while, Xiaohang assaults over, and then breaks through the limit and hits Jingjing with a rapid attack~ Yaoyao

Start to fill up the buff for Xiaohang
Xiaoxia: Ah, ah, wait, wait, wait! I suddenly remembered that Jingjing didn’t understand, Lele, Lulu, Tianqi, Adi, Tianyu could not understand it! I quickly confirm! The two of them really didn’t understand~ I quickly explained the purpose of Jingjing’s test. As a result, both of them answered the same as Jingjing (I will not let myself leave her and they protect my defense). This is a test for Jingjing. I will test you both separately in a while! She seems to understand~ well~
Master Xinxin: Yaoyao, Xiaohang! Start
In an instant, Xiaohang’s assault rushed to Jingjing’s body, strengthening her skills, breaking through the limit, and attacking Jingjing with a rapid attack (it was a moment, but Jingjing saw it was slow motion), Jingjing ignored Ben and directly Shouted Lele, Lulu! A push skill pushed me to them. Lulu used a buffering spell to take me, and then a golden defensive shield appeared on my body, and various colored membranes appeared on my body, which was obviously Lulu’s. The great recovery spells and various buffs of the apocalypse, the great recovery not only allows me to completely recover, but also allows me to be invincible for 30 seconds! Various buffs have completely improved my various abilities! Xiao Hang also rushed to Jingjing at this time, and only heard a bang on Jingjing! When Xiaohang didn’t know that she didn’t cause any damage to Jingjing, Jingjing came to me in a flash, and Tianyu guarded me one after the other. I was in an invincible state, Jingjing was still in an invincible state. I put on a protective cover again, always beware of being attacked after my invincibility disappears! Lele there are 2 giant level 4 skeletons with a height of 5 meters, accompanied by 30 level 2 small skeletons! These skeletons keeping a certain distance from me surround me, two honeycombs floating in the air, with a total of 88 skeleton soldiers of level 4 magic, 4 magic types and 4 warrior types! 27 cat bone soldiers are ready to attack the enemy’s rear at any time! A huge keel soldier hovered above me! Lele, Jingjing and Lulu are with me! This is obviously a standard version, with an offensive and defensive formation centered on me~ Just because I have seen the giant skeleton behind her when Lele appeared, I was afraid of something wrong, so I focused on them. Three on one!
Xiaoxia:…… They really didn’t understand what I meant with Ben! When they are worried that they will fight back!
Lele: Lele and the others suddenly said to me, right, they can’t attack, right?
Xiaoxia… (It’s true, but isn’t this a teamwork?)
I wanted to just attack Jingjing and I didn’t know how much it hurt, but when he looked in the direction where Jingjing flashed, Xiaohang immediately froze there, watching Jingjing close to Xiaoxia. There were Lele and Lulu standing all over, the offensive and defensible formations in front and back, stunned~ Yaoyao and Master didn’t react for a long time. Only me, the mentally prepared person, was not there, but I was surprised to see the number of monsters Lele summoned! The master and the others have been reacting to the anti-magic alarm in the city! Lele summoned a real monster! The masters have seen Lele’s summoning technique, this time I just wanted to see Jingjing’s defensive ability, and see how far she fought against it! Lele and Lulu will try again later, this time I didn’t expect Lele and Lulu to also participate! As soon as the alarm went off, I said to Lele immediately, use that black door to let them all go back! Lele didn’t fully understand what was going on! But what I said, let them go back. After speaking, the dark door appeared again, Lele’s monsters all went in, and then the door disappeared! The alarm didn’t go off! At this time Lele said to me: Master, this is called Demon Gate Summoning, for short, Devil Gate! do not you remember? This is the spell you created and then taught me! I am happy, I don’t remember. Didn’t you say that I was called Xiaoxia directly? How come I am called the master again! Lele said to me, still not used to it, hehe!
I have forgotten too many things, and I did not remember who you were when you came out to protect me! I just think you won’t hurt me!
Adi: Yesterday, one of those monsters was sent by Atlanta! Do you want to find them today?
Tianyu: Yes, dare to go to my master’s chassis!
Master Xiaoxiao and the others came to ask, are you planning to go to Atlanta? It has become an important base for monsters. There are powerful monsters and monsters. What are you doing there?
Adi: You must punish the Nine Clan for disrespect to the master! The master Xiaoxiao and his party who heard this strongly objected and were not allowed to go. Although you are indeed very powerful, there are not only the garrison army of monsters in Atlanta, but also the demon! Ever since being occupied, I have always wanted to retake the city! But this is not something a few people can do!
Adi: Then you can take us to see nearby!
Xinxin: Let’s take a look. They are also indispensable combat power when capturing the city. They are too powerful compared to us! Now that I see them, I understand why the skills that you and I gave to Xiaoxia for free are rejected. With such a powerful guardian, you and my guardian do not need it! Let’s set off soon!
In this way we went to prepare, saying that it was prepared, but there was nothing to prepare, it was nothing more than a few bottles of medicine and food!
After getting ready, everyone came to the tortoise parking place, and set off after receiving the tortoise~ Master’s short story, Atlanta is farther from Heilongjiang to Jilin, at least 1.5 hours, as time passed. Can see Atlanta!
Adi: Lele, open the door and have a try! Lele opened a door and could see that it was near Jilin City! Well, it’s connected
Master Xiaoxiao and Master Xinxin looked stunned! What kind of magic are you all? Is it unique to the Guardian?
Lele: No, Xiaoxia taught us before. Now he has amnesia, he can’t remember these! Apocalypse, you feel the situation inside~
Apocalypse: Well, there are about 5 or 6 level 2 monsters in a level 3 monster, and about 62,000 level 1 monster troops! And it’s still growing!
Master Xiaoxiao: It seems that our strength is still not enough! It’s like asking for support from the Grand Palace! The strength of our Jilin City alone will not work! Can’t take it back~ The Huang Clan and the nobles are like taking back Atlanta for their own benefit, regardless of the soldiers’ lives and life. This kind of force tells them that we can’t take back Atlanta, just a level 3 demon and A few level 5 and level 6 2 demons are enough to destroy all our troops! Let’s go back! You can go back directly by the door just now!
Apocalypse: Found it, that guy yesterday!
Adi: Alright, Jingjing!
Huh, a transparent milky white magic mask illuminates us, protecting us all inside!
Master Xiaoxiao, Xinxin, Yilu: What are you going to do?
Adi: Raise your hands, and all the magic around you is constantly concentrated on Adi’s hands to form a huge black sphere! At this time, Tianqi shouted the name of Tianqi again. Tianqi released a magic into the huge sphere. The huge sphere instantly became smaller, and then continued to grow! Apocalypse, compress it again! The sphere instantly became smaller!
Master Xiaoxiao, Xinxin, Yilu, Xiaohang, Yaoyao: What are you going to do, Adi?
Adi: Jingjing put on 2 layers of protective cover again!
Jingjing: Huh, huh, two more milky white transparent masks appeared here to everyone!
Apocalypse: A mere monster, a demon! This is the price you have to pay for our bullying Xiaoxia! Shouting that that huge black sphere once again rushed into the sky! Go straight to the midair of Atlanta! It exploded after absorbing the surrounding magic once again! A black mushroom cloud stood there in an instant! Atlanta was wiped out! There was no residue left, but a huge garden pit appeared on the ground! The passing black gas exploded a layer of Jingjing’s protective cover!
Apocalypse: No one left! Revenge!
Adi: A mere low-level monster! Shameless monster! This is the fate of your bullying Xiaoxia!
It began to rain black on the sky! The people who watched all this happened were dumbfounded! Seeing that Adi asked Lele in advance, he used the door to see if he could connect it! When I saw that I was able to connect, I knew that Adi was going to attack, and I didn’t care too much. I thought that anyway, Adi was ready to attack and leave afterwards! However, I never expected that Adi and Apocalypse’s attack could completely destroy a city! Let a city completely disappear from the world! I was surprised that I didn’t know what to say, but Yaoyao slung my arm, crying!
Adi: It’s okay, the one who bullied you brothers and sisters and Xiao Xia has completely disappeared from this world! Forget that painful memory!
Xiaoxia: Patting Yaoyao’s hand that straddles her arm, Yaoyao looked at Xiaoxia in tears. Xiaoxia wiped away the tears from Yaoyao’s eyes and said, “We will bully you when no one is there!” Yaoyao cried and kept Xiaoxia tightly!
After a while, Yaoyao stopped crying, let’s go back! Masters, go home…
With the disappearance of Atlanta… Xiaoxia’s career has come to an end!


標籤:返回首頁動漫壁紙返回小說目錄美食網站返回首頁


上一卷:一個魔法師的傳說009(城被侵佔後)

人物設定種族介紹道具介紹法術介紹技能介紹第一卷返回首頁

上一卷:、下一卷:、返回小說目錄動漫壁紙美食網站返回首頁

Related posts

2 Thoughts to “一個魔法師的傳說之第十卷 (身世之謎)”

  1. Hi mates, how is everything, and what you would like to say regarding this article, in my view its really awesome designed for me. Junette Frederick Dasha

Leave a Comment

Translate »